Excelを勉強しましょう EnjoyExcel

アイコンの機能や関数の説明、VBA初心者向けの勉強方法について情報掲載しています。関数、VBAともに理解が進むように出来るだけ事例を交えて説明しています。

②条件分岐 Select~Case

f:id:EnjoyExcel:20210903113800p:plain

前回は条件分岐の基本となる「If~Then」の処理について紹介しました。

 

enjoyexcel.hatenablog.com

 

挨拶について条件と処理を設定する中で生活の実態と合わないところが出ていましたので今回はもう少し条件と処理に幅を持たせて出来るだけ実生活に近い事が表現出来ればなと思っています。

 

今回は「Select ~Case」という処理を使います。

 

「If~Then」と同じ様にまずは型(フォーマット)を見てください。

 

Select Case 条件

 

case 条件が「AA」だったら

 条件「AA」向けの処理

case 条件が「BB」だったら

 条件「BB」向けの処理

case 条件が「CC」だったら

 条件「CC」向けの処理

case 条件が「ZZ」だったら

 条件「ZZ」向けの処理

End Select

 

条件の入り口は1つですが色んな条件を設定出来ます。処理も条件に応じて分ける事が可能ですので「If~Then」より表現の幅は広がります。

 

では今回も「日本語+コード」で表現してからコードを書いてみましょう。

 

Select Case セルA1の値が・・・

 

Case ”おはようございます”だったら

 セルA2に”おはようございます”を入力

Case こんにちは”だったら

 セルA2にこんにちはを入力

Case こんばんはだったら

 セルA2にこんばんはを入力

Case おはだったら

 セルA2におはを入力

End Select

 

ではつぎはコードに変換します。

 

Select Case Range("A1").value

 

Case "おはようございます"

 Range("A2") = "おはようございます"

Case "こんにちは"

 Range("A2") = "こんにちは"

Case "こんばんは"

 Range("A2") = "こんばんは"

Case "おは"

 Range("A2") = "おは"

End Select

 

これでいろんな挨拶に対応出来ますね。Select~Caseはうまく使うと色んな条件に対応出来るコードです。前回の記事から見ていただいているとコードの実行結果は想像出来ると思いますので今回は省略します。

 

これで複数の挨拶に対して対応出来るようになったのですが相変わらず無言の人に対してどうやって挨拶を返そうか悩みます。加えて条件で提示出来なかった挨拶が来た際はこのままだとスルーしてしまう事になります。

 

上記で提示した「おは」ぐらいだったら想像出来ますが「うっす」とか「おぅ」、「調子どう?」・・・色んな声の掛け合いがあるのでまだ条件と処理が足りない気がします。

 

上記の様にある程度の選択肢を用意する事で十分だと思うのですがもう少しだけ頑張ってみましょう。次回別の条件分岐を使う事で対応してみます。