Excelを勉強しましょう EnjoyExcel

アイコンの機能や関数の説明、VBA初心者向けの勉強方法について情報掲載しています。関数、VBAともに理解が進むように出来るだけ事例を交えて説明しています。

VBA⑩ メソッドについて触れてないので少し話をします。

f:id:EnjoyExcel:20210627191826p:plain

 

オブジェクトやプロパティはちょくちょく登場してますがメソッドの話をしていないので少し触れます。

 

前回は罫線を引くのと実行用のボタンの作り方を紹介しています。

enjoyexcel.hatenablog.com

 

罫線を書くマクロを構築して実行ボタンで線を引くところまでは出来そうですが次のデータをもらうためには最後に画面から情報を消すという作業が必要です。

 

値をクリアに・・・って事ですがこれって以前に少しだけ紹介しています。

ほぼ一番最後のあたり。 ClearContents の話をしています。

enjoyexcel.hatenablog.com

 

この ClearContents は名前の通りの作業をするのですがくくりとしてはメソッドの一員です。

メソッドってなんでしょうか?メソッドというのはオブジェクトに対して命令を出すワードってぐらいに思っておいてください。

 

セルの値を削除やコピー&ペーストって感じでしょうか。オブジェクト、プロパティ同様かなりたくさんあるので覚えなくてもよいです。使いながら覚えていくというのが良いと思っています。 以前も書きましたが「習うより慣れろ」です。

 

使い方は オブジェクト.メソッド という感じでドットの後にワードを置くといった感じです。

 

例えば・・・

Range("A1").Clear Contents   ’セルの内容のみクリア

Range("A1").Clear   ’セルの内容と書式をクリア

Range("A1").ClearFormats   ’セルの書式のみクリア

 

オブジェクトの直下にきてますね。単にクリアだけでもいろんなメソッドが居ますね。

 

次はコピー&ペースト と カット&ペースト です。

Range("A1").Copy Range("B1")   ’A1の値をコピーしてB1に貼付け

Range("A1").Cut Range("B1")   ’A1の値をカットしてB1に貼付け

 

最後にコピー&ペーストの形式を選択して貼り付けの中から値貼付けを紹介します。

Range("A1").Copy

Range("B1").PasteSpecial xlPasteValues

 

こんな感じです。プロパティに値を代入の時は「=」を使っていましたがメソッドは直接オブジェクトに対して指示を出します。

 

オブジェクト?プロパティ?メソッド?は最初は分からないと思います。

私はコードを書いて実行して画面の動きを見ながら色々試した結果後付けで理解しました。 今は理解出来なくても良いです。コピーするときやデータを消すときは上記のように書けばデータをコピー出来たりデータを消せるって思って使ってみてください。

 

ふと分かる時が来ます。VBAのシリーズではないのですがExcelを勉強するにあたって本をどうやって選んだらよいのか?という事について触れた記事があります。

enjoyexcel.hatenablog.com

 

その時のレベルで読める本がその人にとって一番良い本ですという事を書いています。オブジェクトの話は私自身も完全に理解してすべて説明できるかといわれると怪しいです。でもやれることはありますので不完全でも前に進むことを考えましょう。

 

いつかは理解出来る時が来ます。

 

ではメッセージボックスとIF文に入りましょうか。