Excelを勉強しましょう EnjoyExcel

アイコンの機能や関数の説明、VBA初心者向けの勉強方法について情報掲載しています。関数、VBAともに理解が進むように出来るだけ事例を交えて説明しています。

VBA⑧ 変数っていろんな型がある。万能ですが形にこだわります。

f:id:EnjoyExcel:20210627130807p:plain

 

前回の記事では変数ってどんなものなのか少しわかっていただいたかと思います。

enjoyexcel.hatenablog.com

 

Dim が出てきて終わってましたので続きを説明します。

 

Dim ○○ As △△   って書きます。

 

〇〇は変数(任意)です。△△に入るのはたくさんの型があります。

 

そんなわけで変数には型を指定できます。

「できます」なのでしなくても使えるのですがエラーチェックで使えたりメリットの方が大きいので変数の型を定義するクセをつけましょう。

 

値の範囲が少々荒っぽいですが必要最低限の説明で最初に使いそうな型だけ並べました。値の範囲は各々勉強の進度に応じて調べてください。

f:id:EnjoyExcel:20210627134001p:plain

 

Integer とLong はどっちも整数(数値)です。

Integer は -32,768 ~ 32767 の整数。 Long は-20億~+20億ぐらいの数値を扱う事が出来ます。 

 

金額とかはLongでセルの行、列を追いかける時はIntegerって感じでしょうか。

金額も小数が出てきたらSingleを使ったりここには書きませんでしたがさらに桁が多いDoubleを使う等様々です。

 

ちなみに私はセルを追いかける時も金額もほとんどLongばっか。説得力ないですよね。

前回書いたコードも Dim r As Long って書いてます。。。

 

以前の記事で「Option Explicit」の話をしたと思います。

enjoyexcel.hatenablog.com

 

これは「変数の宣言を強制する」という事を言ってます。

(訳として合ってるかは?です)

 

おいおい分かってくるのですが変数の宣言は先ほども書いたようにエラーチェックにも使えるしほかの人の書いたコードを読むときにいろんな変数が設定されていると「これ何のこと?」ってなります。

 

変数の型を定義しておくことで他者が見てもある程度見当がつくようにトレーサビリティ的な要素もありますので変数は宣言してから使いましょう。

次は罫線を書いたりコードをセル画面から実行できる様ボタンを設定するための説明をします。

 

ボタンを押したらメッセージボックスを出して処理をするか?の確認も付けたいのでメッセージボックスもセットしたいですね。 次回説明以降でしていきます。