Excelを勉強しましょう EnjoyExcel

アイコンの機能や関数の説明、VBA初心者向けの勉強方法について情報掲載しています。関数、VBAともに理解が進むように出来るだけ事例を交えて説明しています。

Excel初心者の方向け本の選び方と読み方、購入方法について解説します

f:id:EnjoyExcel:20210626122150p:plain

Excel初心者の方向け本の選び方、読み方とは

 

今回は「勉強用にエクセルのテキストを探している」という質問に関して記事を書きます。テキストの使い方としては皆様多種多様なご意見をお持ちでした。一部紹介します。

質問内容

  • 初心者なので入門書的位置付けの本を教えてください
  • 基礎基本から学べて程よく全体を網羅しているものが欲しい
  • デザイン的にもイラストが多く見やすい本が良い
  • ショートカット等あまりテクニックを必要としないもの
  • 効率よく簡単にスキルアップ出来る本はありますか
  • シリーズものは最初は大変なので避けたいです
  • レビューの高い本は良い本なのでしょうか
  • 最近多いYoutube動画とセットになっている本が欲しいです
  • おすすめ著者を知りたいです

 

ほんと色んな需要があるんですよ。分析してみると結構面白いです。

 

ショートカットが良いならボタン押すだけなので関数の様に理屈を学ぶ必要ないにも関わらず「本を探している」といいますからね。

 

ショートカットはいろんな方が「ビジネスシーンで使えるショートカット」みたいな感じで情報挙げてますのでそれで良いと思います。

 

書籍の質問の話に戻ります。なんだかんだ悩みますよね。皆さん共通なのは買って失敗したくないという事です。だけど少ない情報の中から選ぶのは難しいんですよね。

 

評判だったり表紙がポップだったりすると買ってしまいがちなのですが書籍を手に取るきっかけとしては半分ぐらいは合ってると思います。

 

そのあとどうやって購入に至るのか自分なりに決めていることがあるのでお知らせしたいと思います。

質問に対する回答

いただいた質問にすべて対応した応用の効く答えは無いのですが先程も書きましたように自分の中で決めていることがあります。

 

それは「その時の自分に理解出来るか」で本を選んでいます。

 

これだけなんですよ。シンプルですよね。手順とか条件、チェック項目は無しです。

 

私が「〇〇がおすすめです」等選択肢を提示するのではなく判断を丸投げしている様で少々冷たい感じもするのですがこれ本当なんですよ。

さらに解説

本っていろんなレベルがあって読める人と読めない人、今その情報が必要な人とそうじゃない人がいます。

 

情報が必要な人が自力で吸収出来るものでなけば本と買った人のミスマッチとなり本は家で置物になります。

 

というわけで読めるのかどうかを含めて「その時の自分に理解出来るか」を大事にしています。重要なのは「今の自分のニーズにマッチしているかという事になりますね。

具体例1

もう少し具体的に言いますと使うのか分からない関数を出来るだけ勉強しようと思って関数がたくさん載ってる厚みがある本を買うのは最初は止めた方が良いと思います。

 

理由は使わないと忘れるからです。興味ない事を無理矢理覚えようとしているので覚えてもすぐ忘れます。冷静に考えるとそもそも使わないなら覚える必要は無いです。

 

ただし気持ちの持ち様次第では買ってみても良いかもしれません。

 

「自分が見たい関数だけその時に見て理解しあとのページはまた自分に知りたい欲求が出てきたときに読みます」という割り切りが出来れば購入OKだと思います。

 

そうすると購入した本が重荷にならず何かあった時(情報が欲しくなった時)に自分の武器に変身します。

 

これが自分のニーズに合っているかという考え方です。

 

自分のニーズに合っているのかを基準にするといつ読めばよいのかがはっきりします。書籍との向き合い方を決める事で買ったことがストレスにならないようにする事がポイントです。

具体例2

もう一つ例を出してみます。Excel界で有名な人が書いた本や本屋さんの入口にガッツリ陳列されている人気図書が絶対良いというわけではないです。

 

あくまで現時点で自分が欲しい情報であって自力で読める本が今の自分には一番良いものという事になります。

 

自分にとって少しハードルは高いけど頑張ってみようという意思のもと現時点で意味が分からない本を買うのも良いのですが多分続かないかと思います。

 

経験上 現状読める本と向き合っていくとその時点では読めなかった本やデータが後になって「あれ?読めるぞ」ってなってきます。

 

その感覚が「さらに知識をつけたい」というモチベーションに変化しまた本を読むというサイクルが出来ればしめたものです。

読み方

続いて読み方ですが先頭から読む必要もなくて分かるところから読めばよいと思います。真ん中あたりを読んで最初に戻ったりしてもOK。後ろから読んでもOK

 

人によって着地点が違うので最後の方に載ってる情報が知りたいのに最初から読むと遠回りですよね。

 

順番に読んでいかないと結論が分からないところは読む必要があります。その時に前に戻ればよいだけでそうでなければ必要なところから、分かるところから読んでください。

 

Excel関連の本は小説の様に最初から読まなくても理解出来る本もたくさんあるので一回本に着地点を設けてそこから広げて読んでいくのも手だと思います。

書籍の購入について

いつもこちらの本屋さんで購入しています。

↓ ↓ ↓

翔泳社さんのサイトです。立ち読み機能もあって少しだけですが中身を確認することも出来ます。

 

あくまで主観ですがAmazonさんよりも検索しやすいのとたまにキャンペーンでプログラミング特集とかやってくれます。

 

いろんな言語の本をまとめて表示してくれるので重宝しています。良かったらご覧ください。

 

とはいえAmazonさんの方がアカウント持ってる方も多いし買いやすいですよね。

 

購入先は問いませんがまずは書籍を手に取る、中を見てみるというところから始めていただければと思います。

 

では失礼します

お知らせ(リンク集)

  • アクセス数が一番多い記事です。身近な問題を関数を使って解決させています

関数の組み合わせ かっこの中の文字だけ抽出したい

 

  • 私が用意しております全ての記事へのリンクです

目次 - Excelを勉強しましょう

 

  • ExcelVBAについて(メインで取り組んでます)

ExcelVBA カテゴリーの記事一覧

 

  • 勉強方法について

勉強方法 カテゴリーの記事一覧